【愛知県】半田市大湯町のローカルマーケティング情報

半田市大湯町で営業されている店舗や企業、半田市大湯町を顧客ターゲットとする企業向けに、ローカルマーケティング情報をまとめてご紹介します。

最新の国政情報のデータを元に、半田市大湯町に住む人々の年齢層や世帯、勤務する業種などについて分析したデータです。

半田市大湯町でのローカルマーケティング

半田市大湯町に住む212名の方々や、77世帯のご家庭をターゲットとして広告宣伝やPRを行う方法は数多くあります。

紙媒体や看板広告、インターネット上での広告掲載など、半田市大湯町でのローカルマーケティングのための選択肢は豊富ですので、それぞれの特徴を理解しながら最も効果的な手段を選択することが重要です。

一概に半田市大湯町でローカルマーケティングを行うといっても、業種や業態によって広告戦略は異なりますので、注意してください。

半田市大湯町での紙媒体によるローカルマーケティング

昔ながらの手段である紙媒体による広告宣伝は、半田市大湯町においては依然として高い効果を発揮するケースがあります。半田市や愛知県に強い企業や媒体を選択することで効果が高まるでしょう。

半田市大湯町の新聞折り込み

新聞折り込みによる広告宣伝は、半田市大湯町に限らず日本全国の地域において、新聞購読者数の減少によって効果が薄くなってきています。半田市大湯町の総世帯数77世帯のうち、何世帯が新聞を購読しているのかについてはデータはありません。

新聞を購読する世帯は、一般的には高齢者家庭が多いですので、半田市大湯町の場合には52世帯に65歳以上の高齢者がお住まいという統計がありますので、こちらを参考にするのが良いでしょう。

半田市大湯町のポスティング

半田市大湯町に絞ったローカルマーケティングの選択肢のひとつとしては、ポスティングが有力かもしれません。新聞購読率の低下と共に注目が集まっています。

愛知県のひとつの地域である半田市大湯町の総人口は212人で、世帯数は77世帯あります。つまり、1世帯当たり2.75人ですので1枚のポスティングチラシが複数のご家族の目に触れる可能性があります。

総人口 世帯数 世帯当たり人口
212人 77世帯 2.75人

(出典:日本全国地域情報

半田市大湯町の世帯を詳しく見てみると、ひとり暮らしが13世帯で、家族と暮らしている世帯が63世帯です。また、6歳未満の子供を含むご家庭は2世帯、65歳以上の高齢者が暮らすご家庭は52世帯です。

愛知県内での多数の実績を持ち、半田市大湯町でのポスティングを依頼することができる株式会社ポスティングサービスのWEBサイトには、さらに詳しい半田市大湯町のポスティング情報が掲載されています。

半田市大湯町でのダイレクトメール

新聞折り込みやポスティングと異なり、配布先の住所リストの取得が必要となりますが、半田市大湯町の各家庭へと情報を届けるためにダイレクトメールを活用することも可能です。

半田市大湯町でのダイレクトメールによる広告PRでは、配布を行う事業者によって大きく二つに分けられ、郵便局に依頼する方法と、専門業者に任せる方法があります。もちろん、自社でダイレクトメールを手配して、半田市大湯町の各世帯に向けて発送することもできます。

郵便局に依頼する場合には、配布エリアとして「半田市大湯町で全戸配布してほしい」や「半田市全域で配布したい」などと住所のみで指定することが出来る点が便利です。ただし、日本郵政のサービスであるため、提供スピードが遅い点や、申し込み手続きが面倒である点など、業種や業態によって不向きなケースも多いです。

半田市大湯町でのサンプリング

半田市大湯町エリア内で、大勢の人が集まる場所がある場合にはチラシを直接手渡すサンプリングという方法もあります。直接の手渡しという意味で「ダイレクトハンド」とも呼ばれる手法です。

通勤や通学時間帯を狙うことで、15歳から64歳までの半田市大湯町の111人に対してアピールできる機会があります。手渡しでのチラシ配布ですので、アピールできる上限はチラシの印刷枚数ということいなります。

ちなみに半田市大湯町では、15歳から64歳までの111のうち、男性は55人、女性は56人です。

半田市大湯町の地域情報誌に広告掲載

日本全国では様々なタイプの広告掲載可能なローカル雑誌や刊行物があり、半田市大湯町を含むエリアの情報だけを取り扱う媒体もあります。

あまりに狭いエリアに限定した地域情報誌はありませんので、半田市全域や近隣エリアを対象とするフリーペーパーや求人情報誌などを探してみることをおすすめします。ただし、半田市大湯町を対象エリアとしていることと、半田市大湯町の人たちが手に取るかどうかは別問題ですので、この点には注意しましょう。

半田市の広報誌(行政)

半田市大湯町の主に高齢者に向けてアピールしたい商品やサービスがある企業の場合には、半田市の行政が発行している広報誌への広告掲載が有効かもしれません。

基本的に行政による広報誌は、すべての世帯(半田市大湯町の場合には77世帯)に対して配布されます。

ただし、広報誌を熱心に読む世代は高齢者に限られるため、60代後半(21人)や、70代前半(23人)、75歳以上(39人)などを対象としたサービスが好ましいです。また、商品やサービス内容によっては、子育て中の世帯である25世帯に向けた訴求も可能かもしれません。

広報誌への広告掲載については、半田市のウェブサイトを見るか、半田市の公式ウェブサイトを確認してみてください。

半田市大湯町のインターネット広告施策

半田市大湯町の人口について詳しく見ると、212人のうち、男性が100人、女性が100人です。また、年齢別では、4歳以下の子供が1人、5歳から9歳が6人、10歳から14歳が11人で、15歳から64歳までの就労可能な人口は111人(うち、男性55人、女性56人)となっています。

半田市大湯町に住む高齢者は、37人で、こちらはインターネットによる広告宣伝PRが届きにくい層ということになります。

半田市大湯町のジオターゲティング広告

Googleなどが取り入れはじめているインターネット施策のひとつが、半田市大湯町などの地域情報とリンクさせて、アクセス元の場所によって表示する広告内容を変化させるジオターゲティング広告です。

以前は「愛知県」などという都道府県単位でしかジオターゲットを設定できませんでしたが、最近では「半田市」まで絞り込める可能性が高くなっています。

半田市大湯町の企業が広告宣伝を行う際には、半田市大湯町のエリア内と近隣エリアがターゲットになるかと思いますので、ジオターゲティング広告を取り入れることでローカルマーケティングが実現します。

半田市大湯町のSNS広告

多くの人々の生活の一部となっているSNSは、地域を絞ったローカルマーケティングにおいて非常に有効な手段のひとつであると言えます。

半田市大湯町の人々がどれだけSNSを利用されているのかは不明ですが、半田市大湯町を使用している方がひとりも存在しないエリアは極めて稀です。SNSの個人情報の登録内容によって地域の絞り込みが行われるため、半田市大湯町在住者に届く可能性が高まります。

広告掲載が可能なSNSの種類としては、Twitter、Facebook、Instagramなどがあります。

半田市大湯町内の若者(10代後半が9人、20代前半が12人)に向けてSNS広告を選択するのであれば、Instagramが有効です。また、40代前後(30代後半が11人、40代前半が19人)がターゲットである場合にはFacebookを検討してください。

半田市大湯町のローカルSEO

Googleではジオターゲティング広告によって地域限定の情報を届けることに力を注ぐと共に、検索結果についても閲覧者の地域ごとに表示内容を変える試みを続けています。

つまり、ローカルマーケティングについての情報を調べる場合にも、愛知県で検索するのと、東京で検索するのとでは、異なる検索結果が表示されることが多いです。最近では、半田市などの市区町村単位で異なる検索結果が表示されるケースもあります。

このため、以前は日本全国を対象とした企業しかSEOが有効に働きませんでしたが、最近では半田市大湯町などの極めて狭いエリアを対象としたローカルSEOが効果を発揮する場面が増えています。

ローカルSEOでは、日本全国地域情報(半田市大湯町)などのサイトを活用することもできます。

半田市大湯町の屋外広告

半田市大湯町内の道路や駅などに掲示する屋外広告は、チラシなどの個別の制作物を用意することなく、幅広い年齢に対して広告宣伝が可能なローカルマーケティング手法です。

半田市大湯町の看板広告

看板広告に関する情報を見つける方法は、とにかく半田市大湯町のエリア内を探し回って「広告主募集中」と書かれた看板を見つけることです。

看板による広告宣伝の効果は、あくまで看板の目の前を通った人たちに限定されますので、半田市大湯町内で目立つ場所で空き看板を見つけ出すことが重要です。また、業種や業態によって、半田市大湯町から外へと向かう側なのか、あるいは半田市大湯町への入ってくる側なのか、どちらの方面に向かう人々を対象とするべきなのかを考えましょう。

また、半田市大湯町内で、待ち時間の長い信号がある場合には、その近辺で看板広告を見つけることで、広告の内容が読まれる可能性が高まります。

半田市大湯町のポスターやデジタルサイネージ

看板広告よりもサイズが小さく、半田市大湯町の歩行者をターゲットにする際に有効なのがポスターの掲示や、デジタルサイネージの活用です。

商業施設や駅構内など、掲示場所によって対象年齢や効果には大きな違いがありますので、自社の商品やサービスにマッチした場所を選ぶようにしましょう。

半田市大湯町でのクロスマーケティング

半田市大湯町でのローカルマーケティングを行う際には、ひとつのメディアや媒体に重点的に公告予算をかけるのではなく、いくつかの媒体を合わせたクロスマーケティングを行うことも重要です。

半田市全域や、半田市大湯町の一部のエリアなど、ローカルマーケティングの対象となるエリアはさまざまですが、複数の媒体で企業名やブランド名が露出することによる効果は、非常に大きなものです。

日本全国を対象とする企業の場合には、テレビと雑誌と新聞などのクロスマーケティングを実施しますが、地域密着型の企業の場合には半田市大湯町に集中する形でクロスマーケティングを実施することで大企業と同じような効果を生むことが可能です。

ローカルマーケティングは、半田市大湯町に限らず日本のどの地域においても重要度を増しています。試行錯誤を繰り返しながら、半田市大湯町のターゲットとなる人々に対して、しっかりと届けられる広告宣伝の方法を模索してみてください。